読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々関心

ソーシャルメディア、Webサイト制作を中心に日々関心を寄せた事をつづります。

都市部に住みながら地方をサポートするには

f:id:fsharpLab:20101128135037j:plain

現在都市部に住んでいるけど、生まれた所は地方で、その地元が好きだという人はかなり多いのではないかと思います。

進学のために地元を出る。就職のために地元を出る。
地元が好きなら地元から出なければよいのでは?という考えもあるとは思いますが、地元に留めさせるために進学ややりたい事への夢を奪う事もできないなと、特に一昨年に長崎の離島を訪れた際に強く実感する事がありました。

地元から出たなら出たで、都市部でやりたい事を実現させて、最終的にはそれを辞めてまた地元に戻らなければならないのか?という事も昔から大きな疑問として考えていました。

ならば、地元から出て少しずつ自分のやりたい事ができるようになってきたのであれば、次はせめてその大きな負の問題を解決するための段階に入らなければならないのでは?

本日紹介するのは、都市部に住みながら自分が生まれた地元(地方)に愛を捧げ、地方と都市に新たな活力を与える人達を紹介するプロジェクト。

リビラビ! Living in TOKYO,Loving JIMOTO
http://livlov.jp/

活動目的は

地方と都市の新たな関係を発見・蓄積・啓蒙すること。

これは、以前からどうにもならないのかと漠然と考えている事でもありましたが、これからは本当に取り組んでいくべき事だと思っています。
自分自身、昨年から東京に住みながら地元九州の役に立てるような環境にはなったものの、実際経験してみた所、遠い距離の壁を痛感するに至りました。

でも、こういうリビラビな活動を活性化させないと、本当に地方が衰退していくだけという危機感はあります。
今回このプロジェクトの存在を知った事は、自分は何がしたいのか、何をできるのかを改めて見つめ直して、地方をサポートするためには何をやるべきなのかを改めて考える機会になるのではないかと思っています。

地方から出てきた人達が何をやるべきか、いろいろなケースを模索するためにもリビラビ!には要注目です。

2012.05.06 F# 林田謙吾