読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々関心

ソーシャルメディア、Webサイト制作を中心に日々関心を寄せた事をつづります。

「信じられるデザイン」展

東京ミッドタウン・デザインハブにて行われている「信じられるデザイン」展。
3月30日(金)~6月17日(日)11:00~19:00 好評につき会期が延長されたそうです。

http://www.designhub.jp/exhibition/2012/03/15-1500.html

f:id:fsharpLab:20120506165402j:plain

先月観に行ったのですが、さまざまなデザイナーの方が「信じられるデザイン」について語る展示となっていて、見応えというか読み応えがありました。

コンピュータとデザインの関係について研究している古堅真彦さんは「MacintoshGUI
自分の思うように動くデザインが自分の感性に合っているとの事。

グラフィックデザイナーの原研哉さんは「飯茶碗」
たしかに昔から使われてきたものは信頼のデザインだと思います。

他にもクリエイティブディレクター永井一史さんの挙げた「MUJIの耐熱マグカップ」など、ユーザがどのような接点を持って、そのデザインしたものを使っていくのか、ユーザのコンテキストを理解した上でのデザインがまさしく「信じられるデザイン」だと感じました。

そんな中でも一番印象に残ったのは、ソーシャルコミュニケーションを中心としたデザイン制作を行う福島治さんの「Facebookに代表されるソーシャルメディア」。

一人一人が責任を持って考える嘘の無いデザイン。

実名主義Facebookはともかく、ソーシャルメディア参加している人達が全て責任を持っているとは完全には言えないものの、たしかにソーシャルメディアは嘘の無いデザインであってほしいですね。

この日は「信じられるデザイン」について考える事ができた展示だったと思います。

17日までではありますが、入場料は無料となっていますのでご興味ある方は是非。

2012.06.10 F# 林田謙吾

よるヒル超会議~ライフスタイル革命を語る!~

今週6月10日の日曜日、トーキョーよるヒルズさんによる面白そうなセッションが行われます。

よるヒル超会議
~ライフスタイル革命を語る!~

このセッションの模様はニコニコ生放送Ustreamでも生中継。
プレセッションは6日(終了)と本日9日にも行われます。

本日はモデレーターに田原総一郎さんと、勝間和代さん・安藤美冬さんによる「メディア化する個人のジレンマ」

明日も佐々木俊尚さん、津田大介さん、家入一真さんやイケダハヤトさんなど注目人物による興味深いセッションが予定されています。

ソーシャルメディアの普及で多様な価値観やライフスタイルをリアルに目の当たりにする事ができるようになった現在。
そこから話題になり、そのリアルがテレビや書籍でさらに拡散するという事もしばしば見受けられるようになりました。

ソーシャルメディアはけしてバーチャルな空間ではありません。PCやスマホの向こう側の人達のリアルな姿を映し出しています。
フリーランスやノマド、起業家やジャーナリストやブロガー、さまざまな立場の視点から、ライフスタイルに関するどのようなセッションを聴けるのか、今から楽しみにしています。

詳しくは よるヒル超会議 をご覧ください。

2012.06.09 F# 林田謙吾

オリジナルデザインの「iPhoneケース」制作ワークショップ!

デジタルハリウッド福岡校で行われている「イムズ女子塾」にて、オリジナルのiPhoneケースをデザインできるワークショップが開催されます。

【第4回 イムズ女子塾】 オリジナルデザインの「iPhoneケース」制作ワークショップ開催!
http://blog.dhw.co.jp/fukuoka_event/2012/05/4-iphone-8225.html#more

前回開催された模様はこちら。
http://www.labelyasan.com/dhw_eventreport_temp/

ご興味ある方は、是非オリジナルのiPhoneケースをデザインしてみてはいかがでしょうか?

自分自身デジハリ福岡校卒業生で、現所属の福岡スタッフが関わっている事もあるので、これからも様々なイベントを期待しています。

2012.06.03 F# 林田謙吾

Googleで演奏して録音して共有する

本日5月13日のGoogleトップページは…ロバート・モーグ生誕78周年
http://www.google.co.jp

f:id:fsharpLab:20120523013518j:plain

これ単純にロゴがイラストになっただけでなく、なんと演奏する事ができてしまいます。

さらに4つのトラックを重ねて録音する事もできるという非常に凝ったつくりです。

簡単に流れを説明すると…

f:id:fsharpLab:20120523013641j:plain

f:id:fsharpLab:20120523013701j:plain

f:id:fsharpLab:20120523013716j:plain

他にも、上部のボタンをいじると音にエフェクトをかけたりする事も可能。そして最終的にできあがった作品はGoogle+で共有したり、urlを作成して貼りつける事で共有する事ができます。
早速Twitter上では、#moogdoodle というハッシュタグで共有されたりしているので、もし曲ができたら共有してみてはいかがでしょうか。
本日(23日)1日 だけの限定でシンセサイザーを楽しみましょう。

2012.05.23 F# 林田謙吾

ケイタクの百姓ミュージシャンへの道

以前F#にてインタビューにもご協力いただいた、福岡を拠点に活動する「ケイタク」。

佐賀出身のボーカル&ギター内山敬太さんと、熊本出身のギター&コーラス遠山卓也さんの2人からなるアコースティックユニットです。

本日はケイタクの一風変わった活動をご紹介。

5/20(日)ケイタク米 田植え開催!

佐賀県鹿島市にてみんなで田植えをしようという企画です。
みんなで田植えを行い収穫したお米は「ケイタク米」と呼ばれ、今までも収穫されています。地元の資源を使って田植えをエンターテインメントにしようという試みに注目ですね。

そしてケイタクは大好きな酒を作るための酒米を作れるまでに成長するのか。
その挑戦も見守っていきたいと思います。

ケイタクの百姓ミュージシャンへの道

5/20(日) ケイタク米 田植え
5/26(土) NEW ALBUM『Fine thank you! 』リリース!

ライブ情報
5/26(土) 福岡・ROOMS
6/03(日) 熊本・水俣市浜八幡宮参集殿
6/04(月) 鹿児島・SR HALL
6/05(火) 宮崎・SR BOX
6/07(木)宮崎・Live Bar BOOGIE BOX
6/09(土) 山口 周南・シネマ・ヌーヴェル
6/13(水) 大阪・club★jungle br /> 6/14(木) 京都・モダンタイムス
6/15(金) 名古屋・ハートランドスタジオ
6/17(日) 横浜・BB STREET
6/18(月) 青山・月見ル君想フ
6/21(木) 三重・松阪M’AXA
6/23(土) 尼崎・LIVE SHOT BLANTON
6/30(土) 長崎・カフェ豆ちゃん
7/01(日) 佐賀・GEILS
7/22(日) 福岡・飯塚第三倉庫

詳細は
KEITAKU.COM

KT tour 2011 佐賀GEILS

2012.05.15 F# 林田謙吾

都市部に住みながら地方をサポートするには

f:id:fsharpLab:20101128135037j:plain

現在都市部に住んでいるけど、生まれた所は地方で、その地元が好きだという人はかなり多いのではないかと思います。

進学のために地元を出る。就職のために地元を出る。
地元が好きなら地元から出なければよいのでは?という考えもあるとは思いますが、地元に留めさせるために進学ややりたい事への夢を奪う事もできないなと、特に一昨年に長崎の離島を訪れた際に強く実感する事がありました。

地元から出たなら出たで、都市部でやりたい事を実現させて、最終的にはそれを辞めてまた地元に戻らなければならないのか?という事も昔から大きな疑問として考えていました。

ならば、地元から出て少しずつ自分のやりたい事ができるようになってきたのであれば、次はせめてその大きな負の問題を解決するための段階に入らなければならないのでは?

本日紹介するのは、都市部に住みながら自分が生まれた地元(地方)に愛を捧げ、地方と都市に新たな活力を与える人達を紹介するプロジェクト。

リビラビ! Living in TOKYO,Loving JIMOTO
http://livlov.jp/

活動目的は

地方と都市の新たな関係を発見・蓄積・啓蒙すること。

これは、以前からどうにもならないのかと漠然と考えている事でもありましたが、これからは本当に取り組んでいくべき事だと思っています。
自分自身、昨年から東京に住みながら地元九州の役に立てるような環境にはなったものの、実際経験してみた所、遠い距離の壁を痛感するに至りました。

でも、こういうリビラビな活動を活性化させないと、本当に地方が衰退していくだけという危機感はあります。
今回このプロジェクトの存在を知った事は、自分は何がしたいのか、何をできるのかを改めて見つめ直して、地方をサポートするためには何をやるべきなのかを改めて考える機会になるのではないかと思っています。

地方から出てきた人達が何をやるべきか、いろいろなケースを模索するためにもリビラビ!には要注目です。

2012.05.06 F# 林田謙吾

えびすFM ユーストまる見えラジオなんばしよっと?

佐賀帰省より戻ってきて、すでに2ヶ月近く経っている事に驚きのfshapMuscです。

本日は、5月1日に佐賀市に開局したばかりの「えびすFM」のとある番組をご紹介。

このえびすFMにて、5月5日(土)20:00より「なんばしよっと?」という番組が放送されます。

初めてのラジオパーソナリティーとなる「ふーさん」は地元佐賀のさまざまな事を取り上げて、動画配信やユーストリーム生放送を行っていた方。
以前佐賀に帰省した際、ふーさんの「地元の面白い事を発信していきたい」という、その想いを実際に聴く機会がありました。
そんな想いで活動を行っていた事もあり、今回えびすFMで番組をスタートする事にもつながったとの事。

引き続きユーストリームでもラジオでも、佐賀に根付いた興味深い情報発信が展開される事になると思います。

えびすFM なんばしよっと?公式Webサイト
http://yutweet.jp/

また、ラジオだけでなく、引き続きこれまでのようにユーストリームでの生配信も。
twitterアカウントやFacebookページもできた事で、今後ローカルなコミュニティFMと、全国に開かれたソーシャルメディアをどう組み合わせていくのか、その活動に注目していきたいですね。

ふーさんは高校時代の同級生という事もあり、個人的に期待しています。